2011年12月21日

生活習慣を正すため

毎日寝不足が続いたり、食生活が乱れたりしていると、
いつしか生活習慣病になってしまうことでしょう。

そのようなことがないように生活習慣を正すには、実はマッサージを受けるのが最適です。

わたしは最近ここのお店でマッサージを受けていますが、
おかげで以前までの乱れた生活習慣を正すことができました。
マッサージ 十三

マッサージは全身の調子を整える効果があるみたいなので、
大阪だけでなく、東京でもどこでもマッサージを受けてみてほしいです。
東京であればこちらのお店が一番良いと思います。
http://www.massagene.com/

健康のためにはマッサージがきっと必要だと思いますので、
積極的に施術を受けていってほしいと思います。
posted by ringo265400 at 11:18| 生活習慣病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月06日

NASH(非アルコール性脂肪性肝炎)とは

全くアルコールを飲まない人であっても
脂肪肝から肝炎、肝硬変、肝臓ガンへと
病状が進行していくケースがあります。

それを起こしてしまうのが、
通称『NASH』と呼ばれる
非アルコール性脂肪性肝炎のことです。

非アルコール性脂肪性肝炎を発症してしまう
理由の一つとされているのは、
無理なダイエットとリバウンドを繰り返すことです。

こうして肝臓に負担をかけてしまうと
非アルコール性脂肪性肝炎になる可能性があるのだそうです。
posted by ringo265400 at 18:53| 生活習慣病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月04日

レモンでメタボ予防

メタボリックシンドロームの予防には、
レモンが大変、効果的だとされています。

まずレモンの効能には
血圧を低下させる効果があります。

また血管の硬さを示す基準となっている
PWVで評価した動脈硬化度も低くく
肥満に関連したホルモン「レプチン」の
血中濃度も低いことが明らかとなっています。

これら3つの要素というのは、
いずれもメタボリックシンドロームを
予防するのに有効とされています。

つまりレモンの摂取を取り入れた食生活は、
メタボリックシンドロームの予防に
大変、効果があるということです。

【健康促進に役立つマッサージの情報】
荒川区で癒しのマッサージ

posted by ringo265400 at 15:28| 生活習慣病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月15日

コレステロールと肝臓

コレステロールは、食べ物から摂取していると
思っている方も多いですが、
実は体内、主に肝臓で作られる量の方が多いです。

コレステロールは、1日に必要な量の約80%が、
肝臓をはじめとした体内で作られています。

【PR】深夜でも出来るマッサージ

食物から摂取しているコレステロールは
約20%になります。

日本人で、食べ物から摂取するコレステロールが
原因で病気になる方は、ほとんどいないとされています。

【PR】セラピストの求人情報サイト

つまり、コレステロール値を気にするのであれば、
食品から摂取するコレステロールを、
過度に気にする必要はありません。

それよりも、肝臓に負担を
かけないように生活習慣を送る方が大切です。
posted by ringo265400 at 12:53| 生活習慣病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。