2011年01月19日

女性ホルモンのバランスが崩れるメカニズム

女性ホルモンのバランスが崩れてしまう時期が、女性は生涯のうちで2度訪れます。
そのうちのひとつが、思春期です。
思春期のうちは、身体がまだホルモンバランスをうまく一定に保つことができないため、月経の周期に乱れが生じてしまうのです。

東京に来たら出張マッサージ

そして、更年期がもうひとつの時期となります。
卵巣から分泌される女性ホルモンの量が減少する過程にある更年期は、それに対応しきれず身体が混乱を起こすのです。
更年期でほてりやイライラ、めまいなどのような不定愁訴が見られるのは、女性ホルモンが減ったことを察知した視床下部(脳の司令塔となるところ)が必要以上に頑張ってしまい、結果として逆に自律神経をコンロトールしきれなくなるからともされています。

アロママッサージが生んだ東灘区
posted by ringo265400 at 19:44| 女性編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月06日

簡単なPMSのセルフケア

PMS(月経前症候群)でお悩みの女性は大勢いらっしゃるでしょうが、これは決してネガティブなものではありません。
とはいえ、PMSに対していい印象を持っている女性もいません。
そこで、PMSの症状を緩和するための方法をと紹介します。


まず、自分がPMSになっていると気づくことからはじめましょう。
体調や基礎体温をこまめに記録していくことで、自分の心身のトラブルがPMSによるものなのかどうかを区別できます。
こうした記録をつけるだけでも、立派なセルフケアになります。


食生活にも目を向けてみましょう。
食べるものに少し注意するだけでも、PMSを緩和ことができます。
ミネラルとビタミンには特に気をつけ、バランスのしっかり取れた食事をしましょう。


PMSで辛いからといって何もせずじっとしているよりは、運動をするようにしましょう。
とはいっても、激しい運動は必要ありません。
ウォーキングやストレッチなど、いつでも手軽にできるもので十分です。
また、ストレスも大きく影響してきます。
自分にとってのストレスは何なのか、いま一度毎日の生活をみなおして、ストレスをためないようにコントロールしていきましょう。
posted by ringo265400 at 17:28| 女性編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月29日

月経前不機嫌性障害(PMDD)をご存知ですか?

月経前症候群(PMS)を訴える女性のうち、約8%の方は、月経前不機嫌性障害(PMDD)になっている可能性があるとされています。
失礼でしょうが、マッサージ 世田谷区にもこうした人がいるかもしれませんね。


月経前、または月経中の憂鬱感やイライラといった気分の変化は、女性なら多くの人にみられる現象です。
そうしたことが原因で、親近者との間でトラブルが生じることも、ときにはあるかもしれません。
とはいえ、ほとんどの女性は治療するまでもなく、トラブルが大きくなることはそうありません。
しかし、ごく一部の女性には、普段の生活さえもどうしようもないほどの激しい精神症状がみられることがあります。
これを月経前不機嫌性障害(PMDD)といいます。
症状があらわれる時期は、PMSと同じで、排卵から月経が始まる数日前にかけてあらわれ、月経開始から2〜3日のうちになくなります。
症状が治まるまでは、出張マッサージ 東京だの何だのと言っていられないのです。


PMS、またはPMDDで不安や抑うつを訴える女性は、月経が始まる頃になると、「誰とも関わりたくない」、「独りになりたい」と思うその裏で、むなしさや寂しさを強く感じるようになるのです。
恋人や家族、周囲の親しい人々に対して、「注目してほしい」「愛されたい」と思っていながらも、それを上手く伝えられないというジレンマを持っているようです。
それが原因で自分の中に矛盾を生み、親しい人に当たってしまうことにも結びつくようです。
ラベル:PMS pmdd 女性
posted by ringo265400 at 18:51| 女性編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月26日

妥協を許さないファッションは冷え性のもと。

冷え性で悩む人は、圧倒的に女性のほうが多いのはご存知の通りです。
冷え性は自律神経のトラブルによるものが主な原因なのですが、理由のひとつに女性ホルモンのバランスの乱れがあります。


更年期や妊娠がきっかけとなって、冷え性になる人も少なくありません。
ほかにも、過激なダイエットが原因で冷え性や月経不順などを併発することもあります。
「上半身はほてっているのに、足先などの下半身はとにかく冷たい」という症状が、更年期の人に多いようです。
こうした更年期の症状だったり、婦人科系の障害(月経不順など)もあるのなら、我慢しないで婦人科に相談しましょう。


冷え性は、下着や靴が引き金となって発症することもあります。
体を締め付けることによって血流が滞ったり、皮膚の温度を感じる神経機能が鈍ってしまったりするのが原因になります。
また、冬でも冷えやすい格好(ミニスカートなど)で街へ出歩くのもいかがなものかと思います。
健康を考えるなら、ゆとりのある靴や服、寒いときには温かい衣服を着ることが肝心です。
健康とファッションのちょうどいい妥協点を見つけるようにしましょう。


[PR]
マッサージ 練馬
オイルマッサージ 上野
posted by ringo265400 at 18:45| 女性編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月14日

左利きは乳がん持ち?!

オランダの研究チームが発表した調査結果に、こんなものがあるのをご存知でしょうか?
その結果とは、「左利きは乳がんの危険因子かもしれない」とのことです。


社会や経済環境だけでなく、家族がん既往歴や喫煙にいたるまで詳しく調べたところ、「左利きの女性はそうでない女性と比較して2倍以上も乳がんのリスクを負っている」ことが判明したのです。
レベルの高い性ホルモンを出生前に暴露すると左利きになりやすく、大人になってからこのホルモンががん細胞を生み出しやすくするのではと研究者は考えています。
ただ、これ以上はっきりした理由は分かっていないため、気にしすぎる必要もないとの指摘もあります。


私は左利きがどうこうというよりも、乳がん検査への関心がまだまだ低いのがいただけません。
最近でこそピンクリボン運動が普及してそうでもなくなったのでしょうが。


乳がんは対処が遅れると死に至る怖い病気であることに変わりませんが、早期発見できれば完治する可能性が高いのです。
posted by ringo265400 at 18:52| 女性編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月05日

あなたの足は大丈夫? 靴を選ぶその前に

夏場はサンダルやミュール、冬場はブーツなど、女性はヒールの高い靴を選びがちです。
デザインが良かったり、足が長く見えたりするなどのメリットもあるので、わからなくはないのですが。


しかし、自分の足に合わない靴を履き続けていると、さまざまな足のトラブルが発生します。
なかでも多いのが、加齢や疲労の蓄積などにより、足のじん帯のバランス崩してアーチを保てなくなってしまい、開張足(O脚)になってしまったりそれがひどくなってしまうことです。


こうなると、体を支えるために重要になってくる親指に力が入らなくなるため、体重移動がスムーズにできなくなり、歩くフォームが崩れてしまいます。
その結果として、足の裏にウオノメやタコができやすくなったり、ひどい場合は親指が体の外側へ大きく傾いた「外反母趾」になってしまうこともあります。
男性においても革靴などが足に合わずこうしたトラブルになる場合もありますが、やはりこうなってしまうのは圧倒的に女性に多いようです。

外反母趾になってしまったら、すぐに専門医に相談するなどして、自分にあった対策をとるようにしましょう。。
極端な足の変形は、手術しないと治らないことにもなりかねません。


おしゃれも大事ですが、足のことも考えた上で靴を選ぶようにしましょう。
posted by ringo265400 at 19:43| 女性編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月16日

女性のフシギ

レモン大好き、キャサリンです。
アイスといえばサクレレモン。
レモンの輪切りが酸っぱくてたまりません。


サクレあずきやサクレオレンジもあるんだそうです。
見たことないですね。


そういえば、女性は妊娠すると酸っぱいものを好むようになると言いますが、本当なのでしょうか。
私は出産経験がないのでわからないのですが、
妊娠すると体のアルカリ性と酸性のバランスが大きく変わるため、体が酸っぱい物を求めるんですって。
ただこれは人それぞれで、必ずしも妊娠した女性が酸っぱい物を欲するとは限らないそうですよ。




ラベル:女性
posted by ringo265400 at 17:36| 女性編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。