2011年03月25日

注意が必要な花粉症のケア

花粉症の症状の人は、耳鼻科で
受診する人が多いですが、
眼科で受診する人は少ないようです。

PR:知っておきたい病気の症状
細菌性膣症について知りましょう

その為、花粉症の症状があるのに、
眼科で受診せずに、自分で勝手な
ケアをしている方も多いです。

例えば、花粉飛散時に自分で行う
「目の対処法」として多いのが、
「目を洗う」という行為です。

PR:性病の情報サイト
クラミジアの検査について

しかし、これがトラブルの元になります。

目の洗い過ぎは、目を保護している
物質を洗い流してしまうことに繋がるので、
目を傷つける原因になります。

洗い過ぎると、逆に花粉症の症状を
悪化させてしまう可能性があるので、
勝手な判断で行動しないようにしましょう。
posted by ringo265400 at 11:59| 健康の知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月04日

低体温になる理由

手や足の肌を露出していると、
肌表面の温度はもちろんのこと、
体の深部の温度も低くります。

また、毎晩夜更かしなどをして、
生活のバランスが崩れると体内時計が遅くなり、
起床時に体温が上がらくなってしまいます。

PR:マッサージ 東京

低体温の人には、特にこのタイプの人が多いです。

ちなみに動物実験では、
睡眠不足になると体温調整機能が破たんして
低体温になることがわかっています。

PR:アロママッサージ 長野

熱が生み出せない体は、
筋肉量も減るので基礎代謝も
低い体になってしまいます。
ラベル:低体温
posted by ringo265400 at 11:31| 健康の知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月02日

今年の流行「大人のインフルエンザ」その初期症状

2011年も2月上旬を迎えて、
いよいよインフルエンザが本格的に流行し始めようとしています。


去年は幼児への感染が多く見られましたが、今年は去年感染せずに過ごせた層(20代〜30代)の
インフルエンザ感染が目立っています。

重症化すると脳症を引き起こしてしまう危険もあるため次のような症状がある場合は、
早期の医療機関での受診をおすすめします。


(初期症状:大人)

・胸に継続した痛みを感じる

・息切れや呼吸困難が発生している

・下痢や嘔吐がおさまらない。

・なかなか症状が回復に向かわず、悪化してきている

・高熱が3〜4日続いていているのにもかかわらず熱が下がらない。



成人のインフルエンザ感染者は、出身国に関わらず、重症化する危険があります。

そのため、うがい手洗いなどの基本的な予防法に加えて、予防接種をお勧めします。

この時期からでも、少しずつ効果がでてきます。

とはいっても、完全に感染を防ぐことができるというわけではありません。

しかしながら、体に抗体を作っておけば、感染しても、症状が酷くならないまま完治する可能性もあります。

posted by ringo265400 at 17:55| 健康の知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月28日

その鼻の異常は歯の異常!?

虫歯がひどくなると、細菌が歯の内部にまで侵入してきます。
この細菌が歯の根の奥深くまで入ってきて、ついには歯の根の先から外に出るのです。

大阪に来たらアロママッサージでも

通常、歯は骨にぴったりとはまり込んでいるものなのですが、上奥歯には、「上顎洞」という鼻に繋がっている骨の空洞が、誰にでも歯の少し上にあります。
また、年齢を重ねるごとにこの空洞が大きくなるとされています。

アロマの求人がここに

そしてこの空洞が大きいと、上の歯の根の先端が上顎洞まで出ていることがあります。
そのため、ここに虫歯の細菌が入ってくると空洞にまで炎症が及び、鼻には、鼻水や鼻づまりといった症状があらわれるようになるのです。
posted by ringo265400 at 12:59| 健康の知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月26日

腎臓が弱い人がたんぱく質の摂取を抑えないといけない理由

食事などで摂取したたんぱく質は、胃液の作用でペプトンという物質に分解されます。
さらに小腸であらゆる酵素が働き、ポリペプチドからオリゴペプチドとなり、最終的にアミノ酸となって肝臓へ運搬されていきます。
運ばれたアミノ酸は肝臓で再びたんぱく質に合成されるのですが、そのとき、アミノ酸に含まれる窒素成分の一部がアンモニアとなり、そのほとんどが尿素サイクルで尿素に変えられて腎臓に行き、最後には排せつされます。


ところが腎臓の機能が弱いと、十分に排せつがされなくなり、体内に尿素が蓄積されます。
これがやがて尿毒症を引き起こし、生命の危機にもなるのです。
そのため腎臓が弱い人は、たんぱく質の量を抑え、尿素の量を減らしていかなければならないのです。
posted by ringo265400 at 19:24| 健康の知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月21日

正しく抗生物質を使用すれば、耐性菌はあらわれません

抗生物質を服用すると、腸内の悪玉菌だけでなく、善玉菌の作用も弱くしてしまうため、お腹を下してしまうことがあります。
このことは、子どもにも大人にも当てはまることです。
こうしたときには、抗生物質でも作用が落ちることのない善玉菌(乳酸菌)の製剤を併せて飲めば大丈夫です。
また、医師から処方された薬を用量や用法に従って服用していれば、耐性菌があらわれる可能性もほとんどありません。


一方、塗り薬にも抗生物質が配合されているのですが、この場合は塗った部分にだけ作用するため、そこから全身に作用を及ぼすことはまずありません。
また、異常のない皮膚には使用しない、長期間(7日間以上)の使用は控えるなど、患部に短期間だけ塗り薬を使うことが、耐性菌があらわれないようにする一番確実な方法なのです。
posted by ringo265400 at 17:56| 健康の知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月14日

低血圧ゆえに感じる不調

血圧が高いと、あらゆる病気の原因となりかねないと危険視され、積極的に予防、または治療がされます。
その一方で、「低血圧」はというと、危険視されるどころか健康体と見られることがほとんどです。
もちろん、「低血圧」だからといって重病を招く原因になることも、悪いことでもありません。

オイルマッサージだったら大阪

しかし、低血圧が原因で、体のだるさや倦怠感がなくならない、気力が出てこない、少食で栄養を十分に摂取できないなど、普段の生活においては、それ相応の悪影響もあるのです。
ところが、低血圧のせいで、なかなか疲れを解消できないと言ってみたところで、周囲からは「怠け者」と思われることが少なくありません。
こうした不調をなかなか理解してもらえないのも、低血圧ならではのことではないでしょうか。

マッサージと出張は大阪
posted by ringo265400 at 19:38| 健康の知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。