2011年03月15日

コレステロールと肝臓

コレステロールは、食べ物から摂取していると
思っている方も多いですが、
実は体内、主に肝臓で作られる量の方が多いです。

コレステロールは、1日に必要な量の約80%が、
肝臓をはじめとした体内で作られています。

【PR】深夜でも出来るマッサージ

食物から摂取しているコレステロールは
約20%になります。

日本人で、食べ物から摂取するコレステロールが
原因で病気になる方は、ほとんどいないとされています。

【PR】セラピストの求人情報サイト

つまり、コレステロール値を気にするのであれば、
食品から摂取するコレステロールを、
過度に気にする必要はありません。

それよりも、肝臓に負担を
かけないように生活習慣を送る方が大切です。
posted by ringo265400 at 12:53| 生活習慣病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。