2010年12月17日

他人の評価ばかりを気にするのもいかがなものかと……

他人の気を引きたいと思うことは、誰にでもあることです。
しかしながら、この傾向が強まり、言動や服装が多少派手になった程度ならその人の個性と捉えて済むことでしょうが、ときには心の問題がその傾向をより強くしてしまい、心が安定しない大きな原因になってしまうことがあります。


人によりますが、他人から注目されることがその人の自尊心の維持に必要になることがあります。
自尊心を持ち続けるには良い自己評価が欠かせませんが、この自己評価が自分自身によるものではなく、他人からの評価を強くあてにしている場合、他人から注目されるということは、それだけ他人から高い評価を受けていると解釈するので、自尊心が満たさるのです。


人は多少なりとも他人の評価、いわゆる世間体を気にしますが、その傾向が強くなる要因には、生まれもった本人の気質のほかに、子供時代の環境、例えば、何をしても親からしかられることがなく、良いことと悪いことの自己評価に自信を無くすことなども考えられます。
posted by ringo265400 at 13:35| ストレスetc. | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。