2010年12月13日

悪酔いするのは日本人だから!?

悪酔いをすることがない人というのは、大きく2つの要因に分けられます。
下戸で全然呑めない人と、いくらでも呑める人です。
下戸の人はアセトアルデヒド(身体に吸収されたアルコールのこと)を分解する力がほとんどないため、経験に基づいて飲酒量を抑えようとするので悪酔いすることがないのです。
いくらでも呑める人においては、アセトアルデヒドを早く代謝するので悪酔いしないのです。
人口の割合なら、下戸の人が1割、いくらでも呑める人が半数、アセトアルデヒドをなかなか分解できず、悪酔いしてしまう人が4割程度と考えられています。
悪酔いしているときにマッサージ 墨田区を受けても、気持ちよく感じないでしょうしね。


ところで、「二日酔い」を意味する英語はあっても、「悪酔い」を表す英語はないのはご存知でしたか?
これは、外国人は日本人に比べて、悪酔いする人がそもそもいないからだという説があります。
そうした外国の人になら、飲酒の後でも東京 マッサージ 出張をすすめていいかもしれません。
たとえば、ギリシャ神話には、バッカスというお酒好きの神がいます。
古代ローマ時代からワインが愛飲されていたそうです。
ビールの起源はエジプトにあるとされており、ビールを作っている修道院があります。
呑めないという遺伝子は、飲酒の文化において、もともと現れなかったと考えられているのです。
posted by ringo265400 at 19:53| 健康の知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。