2010年11月18日

ストレスとめまいの因果関係

耳鳴りやめまいは、心理的な要因(ストレスなど)によって起こりやすいものです。
いくら調べてみてもはっきりとした原因ががわからないこれらの症状を訴えて、耳鼻咽喉科などに通院する人が増えています。
そのため、近年では「めまい外来」というものを設置したり、耳鼻咽喉科に心理治療部門を併設する施設も、少しずつではありますが増えてきています。


このような症状はよく「気のせい」などとろくに相手にされないことが多いですが、こうした症状は本人が現実に感じているものであり、普段の生活や仕事に障るほどつらいのです。
首から上に症状が特に偏っているために、もしかしたら脳の病気ではないかと心配し、症状からくる緊張や不安から心理的なストレスが強くなって症状がますます悪化する、という悪循環が起こることも少なくありません。

原因がストレスにあるという可能性が高ければ、その問題を解決し、心因性による症状だと理解して不安を軽くする、といった治療が必要になります。
posted by ringo265400 at 20:06| ストレスetc. | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。