2010年09月10日

健康に必要な栄養、三大栄養素とは

三大栄養素は。生きていく上で最も欠かせない栄養素です。

まずは、たんぱく質。
たんぱく質は、体の中から水分を抜いた50パーセントの割合を占めます。
筋肉や消化管、血液の中のヘモグロビン、内臓や髪、皮膚など
体の重要な組織造りに欠かせないのです。

そして、脂質。
脂質は、体を動かすエネルギー源となり、
体の中で神経組織やホルモンなどを作るのに欠かせない成分です。
脂質イコール太るとか、体に悪いとかと思っている人が
多いと思います。
確かにラードやバターなどは、
植物性の油で、悪玉コレステロールを増やしますが、
植物性などの油には、悪玉コレステロールを減らします。

次に、糖質。
糖質は、主に脳や、体を動かすエネルギーになります。
同じエネルギーとなる脂質に比べて、燃焼するのが早く、
吸収されやすい栄養素です。
また、神経系や脳に唯一のエネルギー源なので、
すぐに、頭を動かしたいときには効果的です。
posted by ringo265400 at 15:13| 栄養・サプリメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。