2010年12月29日

月経前不機嫌性障害(PMDD)をご存知ですか?

月経前症候群(PMS)を訴える女性のうち、約8%の方は、月経前不機嫌性障害(PMDD)になっている可能性があるとされています。
失礼でしょうが、マッサージ 世田谷区にもこうした人がいるかもしれませんね。


月経前、または月経中の憂鬱感やイライラといった気分の変化は、女性なら多くの人にみられる現象です。
そうしたことが原因で、親近者との間でトラブルが生じることも、ときにはあるかもしれません。
とはいえ、ほとんどの女性は治療するまでもなく、トラブルが大きくなることはそうありません。
しかし、ごく一部の女性には、普段の生活さえもどうしようもないほどの激しい精神症状がみられることがあります。
これを月経前不機嫌性障害(PMDD)といいます。
症状があらわれる時期は、PMSと同じで、排卵から月経が始まる数日前にかけてあらわれ、月経開始から2〜3日のうちになくなります。
症状が治まるまでは、出張マッサージ 東京だの何だのと言っていられないのです。


PMS、またはPMDDで不安や抑うつを訴える女性は、月経が始まる頃になると、「誰とも関わりたくない」、「独りになりたい」と思うその裏で、むなしさや寂しさを強く感じるようになるのです。
恋人や家族、周囲の親しい人々に対して、「注目してほしい」「愛されたい」と思っていながらも、それを上手く伝えられないというジレンマを持っているようです。
それが原因で自分の中に矛盾を生み、親しい人に当たってしまうことにも結びつくようです。
タグ:PMS pmdd 女性
posted by ringo265400 at 18:51| 女性編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月22日

週末老眼化現象は、もはや誰にでも起こりうるのです。

毎日パソコンを使ってお仕事している方に多いかもしれませんが、木曜や金曜などの週末が近づいてくるにつれて、目の調子が悪くなったと感じることはありませんか?

○近距離にある対象物がかすんで見えることが多い
○遠距離にある対象物が、心なしかいつもより見えにくい
○重みや痛みなどといった、目の疲れをよく感じる
○目がすぐに乾く
もしこれらのことに心当たりがあれば、あなたにも週末老眼化現象が起こっているといえるかもしれません。


週末老眼化現象とは、長時間のパソコンワークなどによって毎日目を酷使していると、週の後半には、睡眠を長く取ったりするなどをしてもピントを調整する能力が回復せず、老眼と同じ状態になってしまう現象をいいます。
これは中高年に限った話ではなく、「老眼なんて、まだまだ先のことでしょ?」と考えている20〜30歳代の方にとっても、決して人ごとではありません。


対策としては、目の上に40度位の蒸しタオルを置いて、目を10分間休ませることが、目のピントの調整力を改善させる効果があります。
目に疲れを感じたときは、無理をせず、この方法で目を癒すようにしましょう。
posted by ringo265400 at 19:30| 健康の知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月17日

他人の評価ばかりを気にするのもいかがなものかと……

他人の気を引きたいと思うことは、誰にでもあることです。
しかしながら、この傾向が強まり、言動や服装が多少派手になった程度ならその人の個性と捉えて済むことでしょうが、ときには心の問題がその傾向をより強くしてしまい、心が安定しない大きな原因になってしまうことがあります。


人によりますが、他人から注目されることがその人の自尊心の維持に必要になることがあります。
自尊心を持ち続けるには良い自己評価が欠かせませんが、この自己評価が自分自身によるものではなく、他人からの評価を強くあてにしている場合、他人から注目されるということは、それだけ他人から高い評価を受けていると解釈するので、自尊心が満たさるのです。


人は多少なりとも他人の評価、いわゆる世間体を気にしますが、その傾向が強くなる要因には、生まれもった本人の気質のほかに、子供時代の環境、例えば、何をしても親からしかられることがなく、良いことと悪いことの自己評価に自信を無くすことなども考えられます。
posted by ringo265400 at 13:35| ストレスetc. | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月13日

悪酔いするのは日本人だから!?

悪酔いをすることがない人というのは、大きく2つの要因に分けられます。
下戸で全然呑めない人と、いくらでも呑める人です。
下戸の人はアセトアルデヒド(身体に吸収されたアルコールのこと)を分解する力がほとんどないため、経験に基づいて飲酒量を抑えようとするので悪酔いすることがないのです。
いくらでも呑める人においては、アセトアルデヒドを早く代謝するので悪酔いしないのです。
人口の割合なら、下戸の人が1割、いくらでも呑める人が半数、アセトアルデヒドをなかなか分解できず、悪酔いしてしまう人が4割程度と考えられています。
悪酔いしているときにマッサージ 墨田区を受けても、気持ちよく感じないでしょうしね。


ところで、「二日酔い」を意味する英語はあっても、「悪酔い」を表す英語はないのはご存知でしたか?
これは、外国人は日本人に比べて、悪酔いする人がそもそもいないからだという説があります。
そうした外国の人になら、飲酒の後でも東京 マッサージ 出張をすすめていいかもしれません。
たとえば、ギリシャ神話には、バッカスというお酒好きの神がいます。
古代ローマ時代からワインが愛飲されていたそうです。
ビールの起源はエジプトにあるとされており、ビールを作っている修道院があります。
呑めないという遺伝子は、飲酒の文化において、もともと現れなかったと考えられているのです。
posted by ringo265400 at 19:53| 健康の知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月06日

うつ病とお酒はリンクしていた!?

うつ病を発症している人は、それと同時にアルコール依存症にもなっているケースが多いそうです。
うつから感じてしまう焦りや不安を何とか解消しようと、ついお酒の力を頼ってしまう傾向があるからなのです。


しかし、これまで数々の歌の歌詞にも書かれてある通り、悲しいときにお酒を飲んでも、決して明る気分にはなれるはずもありません。
明るくなるどころか、悲しさが余計に増すだけです。
同じように、うつのときにお酒飲んでも、うつが消えるわけではありません。
さらにひどいうつ状態になってしまうのがオチです。
しかも、うつ病の人に限って、極端にアルコールに強いことが多く、どうしても飲酒量も増えてしまいがちです。


もしすでに抗不安薬を処方されていて、その効き目がまったく無いと感じるのであれば、別の薬を処方してもらえないか医師に相談してみましょう。
是が非でも断酒、とまでは到底言えませんが、お酒を飲んでもうつ病は軽くならないことをしっかりと覚えておきましょう。
posted by ringo265400 at 18:57| ストレスetc. | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月01日

冷え性を防ぐには、運動が必要不可欠です!

冷え性の一番の原因は、ざっくり言うと血行が良くない状態だからです。
その原因はいろいろ考えられますが、運動不足がひとつの原因になっていることがあります。
心臓から血液が送り出され、全身を廻ってもう一度心臓へ戻ってきます。
このとき、血液を心臓へ戻す役割を果たしているのが足の筋肉なのですが、この量が少ないと、全身の血液のめぐりが悪くなってしまいます。


冷え性を改善するには、運動をするのが有効な手段です。
運動をすれば、
・血行が良くなって、血液が体の隅々までいきわたりやすくなる
・筋肉がついて、体内で熱を発生させやすくなる
・自律神経のバランスを整えられる
・代謝がよくなり、老廃物や余分な水分をより多く排出できる
といった効果を得られます。


今は冷え性ではなくても、運動をしないようだと、この先冷え性になってしまうことが十分に考えられます。
また、冷え性だという自覚がない「かくれ冷え性」というのもあります。
冷え性にならないためには、運動が必要不可欠なのです。
posted by ringo265400 at 19:42| 健康の知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。